為替市場の時間

FXの魅力のひとつに「24時間取引ができる」ことがあります。
日本では深夜でも地球の裏側ニューヨーク市場では活発な取引が行われているからですね。
FXの外国為替市場は実際に形として存在しているわけではなく世界経済の動きそのものだと言えるので、世界のどこかで経済が動いていれば為替市場は開いていることになるようです。
しかし市場が開いていてもFX取引はFX取引業者を通して行うので実際には利用しているFX業者の取引可能な時間が為替取引の時間ということになりますね。
注文できる時間は業者によってそれぞれ違いますのでしっかりと把握しておくようにすべきです。
システムの切り替え時間やメンテナンス時間には取引ができませんので注意が必要です。
また取引する通貨ペアによって注文可能時間が異なる場合もありますので気をつけましょう。

一般的には土日や世界の祝日には取引ができないようです。
市場は月曜日のウェリントン市場(ニュージーランド)から始まり、シドニー(オーストラリア)→東京(日本)→香港(中国)シンガポール→フランクフルト(ドイツ)→ロンドン(イギリス)→ニューヨーク(アメリカ)と市場が移ってまたウェリントン市場に引き継がれて廻っていき、金曜のニューヨーク市場で閉じるようなかんじです。

市場は西へ西へとグルグルと移っていくみたいですね。
具体的な時間を調べてみると、日本時間でいうと夏時間では月曜日の午前5時から土曜日の午前6時まで、冬時間では月曜日の午前6時から土曜日の午前7時までくらいだという話みたいでした。

経済