為替の基礎・外貨預金って儲かるの?

こんにちは。今日は為替の基礎として、株の初心者にも人気の高い、外貨預金についてお話しましょう。
最近は、日本円の金利が非常に安いので、外貨預金は人気がありますね。外貨預金は、円よりはずっとお得で高めの金利となる点が外貨預金の人気であり個人で投資をしている方の中でとても注目されています。でも、外貨預金は本当に儲かるものなんでしょうか。

外貨預金とは、日本円を外貨に変換をしてその外貨を銀行に預けておくというものです。
円を外貨に換える時に、為替手数料がかかるのは基礎中の基礎ですが、実はこの為替手数料、外貨投資の中でも一番高いってご存知でしたか?
もしも米ドルだった場合、片道の手数料が大体1円なので、買って売る、往復の場合は2円かかることに。

しかも外貨預金では、外貨普通預金と外貨定期預金の二つがあって、後者の定期預金のケースであれば、途中で解約することはできません。これも基礎的なことなのですが、困るのは満期日に、為替がどんな状態になっているかが予測が付かないこと。

運よく為替レートが有利に動いていれば儲かりますが、これが不利だった場合、損するのは明らかですし、満期になる前、途中で非常に良いレートだった場合も、途中解約できませんので、なかなか思うようには動かせないのです。そういった面からすれば、外貨定期預金はちょっとしたギャンブル・・・という認識を持っておいたほうがいいかもしれませんね。いくら、日本円の金利が低いからといって、外貨に飛びつくのもリスクがあることを忘れないようにしてください!

経済