為替市場の時間

FXの魅力のひとつに「24時間取引ができる」ことがあります。
日本では深夜でも地球の裏側ニューヨーク市場では活発な取引が行われているからですね。
FXの外国為替市場は実際に形として存在しているわけではなく世界経済の動きそのものだと言えるので、世界のどこかで経済が動いていれば為替市場は開いていることになるようです。
しかし市場が開いていてもFX取引はFX取引業者を通して行うので実際には利用しているFX業者の取引可能な時間が為替取引の時間ということになりますね。
注文できる時間は業者によってそれぞれ違いますのでしっかりと把握しておくようにすべきです。
システムの切り替え時間やメンテナンス時間には取引ができませんので注意が必要です。
また取引する通貨ペアによって注文可能時間が異なる場合もありますので気をつけましょう。

一般的には土日や世界の祝日には取引ができないようです。
市場は月曜日のウェリントン市場(ニュージーランド)から始まり、シドニー(オーストラリア)→東京(日本)→香港(中国)シンガポール→フランクフルト(ドイツ)→ロンドン(イギリス)→ニューヨーク(アメリカ)と市場が移ってまたウェリントン市場に引き継がれて廻っていき、金曜のニューヨーク市場で閉じるようなかんじです。

市場は西へ西へとグルグルと移っていくみたいですね。
具体的な時間を調べてみると、日本時間でいうと夏時間では月曜日の午前5時から土曜日の午前6時まで、冬時間では月曜日の午前6時から土曜日の午前7時までくらいだという話みたいでした。

投資スタイル

FX(外国為替証拠金取引)を始めてみようと考えているのなら、自分に合った投資スタイルを見つけることが大事のようです。

投資の期間によって、大きく3つの投資スタイルに分けることが出来るそうです。短期投資、中期投資、長期投資です。(それぞれの期間に明確な定義はありませんので、人によっては違うかもしれません。)自分の生活スタイルや性格、目的、運用出来る資金などを考えて、自分に合うスタイルを選択した方がいいようです。

短期投資とは、取引の期間が1日~数日と短い期間で、為替差益を目的としています。短期投資には1日で取引を終了するデイトレードや、さらに短い数秒~数分の間に取引を終了するスキャルピングがあります。値幅が小さいのでレバレッジを高めにする傾向がありますが、損失が出る場合も大きくなるので注意が必要です。また取引回数が多くなりますので、手数料が安く、スプレッドの小さい業者を選んだ方が良いみたいです。常に為替レートをチェックする必要があるので、時間に余裕のない人には難しいと思います。

中期投資は、取引の期間が数週間~数か月です。為替差益を目的としています。取引した通貨を保有する期間が長くなれば、スワップ金利も期待できそうです。

長期投資は、取引の期間が1年以上で、長い場合は数年かけることもあるようです。主にスワップポイントを目的としていますので、スワップ金利が高い業者を選ぶ方がいいようです。為替の変動による強制ロスカットなどを避けるためにも、レバレッジは低く設定しておく方が良いようです。

どのスタイルを選ぶにしても、投資にはリスクがつきもの、絶対に儲かるものではないと意識しておく必要があると思います。

為替のあれこれ

為替をやっていく上で覚えなくてはならない言葉がたくさんあって大変ですよね・・(涙)ファンダメンタルズ分析やJASDAQなどのアルファベットやカタカナがでてきちゃうと、もう大変ですね!しかしみなさんどのような経緯で為替を始めているのでしょうか?ちょっと調べてみました!

為替をやる理由としてはまずお金を稼ぎたいというのが前提にあると思います。それが自宅でパソコンさえあれば簡単にできてしまう時代ですからすごいですよね。このようにITの発展に伴い為替をインターネットでやる人が増えてきました。パソコンさえ使えれば簡単に為替を始められ、そのような書籍なども数多く出版されています。そのような本はたいてい誰でも簡単に儲けられる!とか資産いくらから1億に!というタイトルが多いですね。たしかにそのように稼げる人もいます、しかしその反面では損をしている人も多いのです。勘違いしてはいけないは入門が簡単=儲けも簡単に出せる、ではないのです!!投資をすれば上がるか下がるかなので、運がいい人ならばビギナーズラックで儲けがでるかもしれません。一回目で儲けが出ると簡単に稼げると勘違いしがちですよね。そのように運だけで突っ走って結局負けて損をする人を数多くみてきました。案外最初に少し負けても続ける人は、運だけに頼らず自分で分析できることはして、少しずつでもいいので勝てるような工夫をしている方が多いようです。

知識は財産です、覚えて損はないですから小中学生に戻った気分で為替についても勉強してみてはいかがでしょうか!

為替の基礎・スワップ金利を狙え!

こんにちは。為替の基礎の基礎から、今日もお話していきましょう☆
今日は、為替の儲け方について、前回に引き続いて次は、2)外貨の金利で利益を出す方法の説明をしていきたいと思います。基礎も勉強中なのに、為替業者みたいな話をされても、ちょっとピンと来ない・・・という人もいるでしょうか。

最近は日本円の金利はかなり低いですよね。おそらく外貨であればどれと交換しても、円より高い金利になるはずです。たとえば、簡単な例をあげるとしましょう。ニュージーランドドルが、金利が3.00%あったとします。このときの金利というのは、その通貨を1年持ち続けたとしたら、3.00%の利息がつくということですよね。もしこれを買って放って置いたとすると、それだけでも1年に約3%儲かっちゃうということです。

でも、正確には日本円でニュージーランドドルを買いますので、日本円でお金を銀行に預けていた場合にもらえる金利はもらえないことになります。その分を、ニュージーランドドルの金利から引くと、純粋に儲かる金利となるわけで、もしも、日本円の金利が例えば0.5%だったなら、3.00-0.5= 2.50 つまり年間の金利は2.5%だと言うことになりますね。
こんな風に、金利によって儲けを得ようとすることを、FXスワップ運用、と言ったりします。fxスワップ金利で稼ぐのは初心者でもあまり難しくないので、そんなに難易度は高くはありませんよ(*ゝ∀・*)!!

為替の基礎・スプレッドを知ろう

こんにちは。今日も為替初心者さんにわかりやすい、為替取引のしくみについて話していきます。今日は前回、お話ししたスプレッドについて説明します。

スプレッドとは、売値と買値の差だということはお話ししましたが、スプレッドは小さい方が手数料が安い、と言うこと。そちらの方が嬉しいですよね。最近注目されているFXの場合だと、スプレッドはとても小さく、2銭や3銭というのも良くあります。それに比べ、外貨預金のスプレッドは大きい方といえますね。

ただし、FX業者が提示しているレートと、新聞やニュースに載っているレートと微妙に違っていることが良くありますよね。これは、外国為替市場の相対取引という仕組みのため。金融機関と取引する人によって独自のレートになったりするので、その数字が微妙に異なったりすることが起きるわけです。特に、土曜の朝から月曜の早朝、外国為替市場がクローズしているときにネットなどでレートを見てみると、業者によっていろんな価格を提示していますよ。

またこのスプレッド、米ドルetc.多く取引されている通貨であれば、幅は狭くなっていますし、逆にあまり取引されない南アフリカランドなど通貨は広い幅で設定されるんです。これも基礎知識として覚えておきましょう。なぜかと言うと、取引量が少ない、つまり流動性が低い通貨というのは、業者が転売ができないというリスクも含んでいるため、そのリスク軽減のためにスプレッドを広くしているんです。

基礎編 : 外国為替とは?

こんにちは。今日は外国為替の基礎についてお話ししていきたいと思います。
以前にも基礎として、外国為替についてちょっとだけ触れましたが、これは異なる通貨同士の交換という意味あいが強いと言いました。外国為替も4種類にざっくりとわけることができますので、以下で簡単に説明をしていきます。

1)外貨預金
自分が持っている円を外貨に換えて、銀行で貯金することを外貨預金と言います。
円を外貨に換えるとき、1通貨あたり手数料がかかってきますが、外貨預金は手数料が結構高いです。またさらに外貨定期預金にすると、引き出す時が決まっているため、タイミングによっては為替レートで損してしまうこともあります。

2)外貨MMF
安全性が高い、高い格付けの外国証券に投資する投資信託のことです。こちらは利回りがよいことや、小額から投資できるという意味で、外貨預金よりもオトクだと
言われています。

3)FX(外国為替証拠金取引)
大変人気のあるFX。こちらの為替手数料は、外貨預金、外貨MMFと比較しても一番安いです。元手の何倍もの額で取引が出来たりするので(レバレッジ)、資金効率がとてもいいという反面、リスクも兼ね備えています。

4)その他
その他の基礎的な外国為替としては、外国投信や外国株、外債など。1)~4)には円と外国通貨をチェンジする作業が入るので、外国為替と言えますよ。

ご存知の方には『当たり前じゃん!』っていうような内容ですが、基礎がわからない人にとっては大切な勉強!基礎についてはしっかり把握しておいてくださいね。

基礎編 : 内国為替とは?

こんにちは。今日は基礎編として、まずは内国為替の基礎からご説明していこうと思います(*^▽^*) 前回もお話ししたとおり、「内国為替」とは国内の為替の取引のこと。もう少し詳しく言うとすれば、内国為替とは、国内にいる債権者や債務者に、銀行間の口座振替を使って取立や送金を行う、資金決済の仕組みのことをいいます。それらは、主に3つに分けることが出来ますよ。

1)銀行振替
実は、私たちがよく利用する銀行振替も、内国為替にあたるもの。解りやすく言えば、インターネットのショッピングなどをしたときや、お金を支払うときなどにも、よく利用しています。

2)手形
手形も為替の一種です。手形を発行した人(振出人)が、手形に名前を書かれた人に対して、額面の代金を支払うことを約束した有価証券で、通常は支払期日を指定して発行します。基本的には、手形の受取人は裏書をすることによって、第三者に譲渡することができますし、銀行に割り引いてもらうことで、支払期日前に現金化することも可能です。

3)小切手
小切手は手形の仲間。ですから為替の一種と考えられます。
こちらは、金融機関に対して、受取人への支払いを委託した有価証券。小切手の振出人の銀行口座から、小切手に名前を書かれた人に対して、そこに記載された金額が支払われます。

これらの1)~3)は、国内での現金輸送を伴わない決済にあたりますので、すべて内国為替!!基礎ですから、しっかり覚えましょう。

経済