為替市場の時間

FXの魅力のひとつに「24時間取引ができる」ことがあります。
日本では深夜でも地球の裏側ニューヨーク市場では活発な取引が行われているからですね。
FXの外国為替市場は実際に形として存在しているわけではなく世界経済の動きそのものだと言えるので、世界のどこかで経済が動いていれば為替市場は開いていることになるようです。
しかし市場が開いていてもFX取引はFX取引業者を通して行うので実際には利用しているFX業者の取引可能な時間が為替取引の時間ということになりますね。
注文できる時間は業者によってそれぞれ違いますのでしっかりと把握しておくようにすべきです。
システムの切り替え時間やメンテナンス時間には取引ができませんので注意が必要です。
また取引する通貨ペアによって注文可能時間が異なる場合もありますので気をつけましょう。

一般的には土日や世界の祝日には取引ができないようです。
市場は月曜日のウェリントン市場(ニュージーランド)から始まり、シドニー(オーストラリア)→東京(日本)→香港(中国)シンガポール→フランクフルト(ドイツ)→ロンドン(イギリス)→ニューヨーク(アメリカ)と市場が移ってまたウェリントン市場に引き継がれて廻っていき、金曜のニューヨーク市場で閉じるようなかんじです。

市場は西へ西へとグルグルと移っていくみたいですね。
具体的な時間を調べてみると、日本時間でいうと夏時間では月曜日の午前5時から土曜日の午前6時まで、冬時間では月曜日の午前6時から土曜日の午前7時までくらいだという話みたいでした。

為替の基礎・外貨預金って儲かるの?

こんにちは。今日は為替の基礎として、株の初心者にも人気の高い、外貨預金についてお話しましょう。
最近は、日本円の金利が非常に安いので、外貨預金は人気がありますね。外貨預金は、円よりはずっとお得で高めの金利となる点が外貨預金の人気であり個人で投資をしている方の中でとても注目されています。でも、外貨預金は本当に儲かるものなんでしょうか。

外貨預金とは、日本円を外貨に変換をしてその外貨を銀行に預けておくというものです。
円を外貨に換える時に、為替手数料がかかるのは基礎中の基礎ですが、実はこの為替手数料、外貨投資の中でも一番高いってご存知でしたか?
もしも米ドルだった場合、片道の手数料が大体1円なので、買って売る、往復の場合は2円かかることに。

しかも外貨預金では、外貨普通預金と外貨定期預金の二つがあって、後者の定期預金のケースであれば、途中で解約することはできません。これも基礎的なことなのですが、困るのは満期日に、為替がどんな状態になっているかが予測が付かないこと。

運よく為替レートが有利に動いていれば儲かりますが、これが不利だった場合、損するのは明らかですし、満期になる前、途中で非常に良いレートだった場合も、途中解約できませんので、なかなか思うようには動かせないのです。そういった面からすれば、外貨定期預金はちょっとしたギャンブル・・・という認識を持っておいたほうがいいかもしれませんね。いくら、日本円の金利が低いからといって、外貨に飛びつくのもリスクがあることを忘れないようにしてください!

為替の基礎・スワップ金利を狙え!

こんにちは。為替の基礎の基礎から、今日もお話していきましょう☆
今日は、為替の儲け方について、前回に引き続いて次は、2)外貨の金利で利益を出す方法の説明をしていきたいと思います。基礎も勉強中なのに、為替業者みたいな話をされても、ちょっとピンと来ない・・・という人もいるでしょうか。

最近は日本円の金利はかなり低いですよね。おそらく外貨であればどれと交換しても、円より高い金利になるはずです。たとえば、簡単な例をあげるとしましょう。ニュージーランドドルが、金利が3.00%あったとします。このときの金利というのは、その通貨を1年持ち続けたとしたら、3.00%の利息がつくということですよね。もしこれを買って放って置いたとすると、それだけでも1年に約3%儲かっちゃうということです。

でも、正確には日本円でニュージーランドドルを買いますので、日本円でお金を銀行に預けていた場合にもらえる金利はもらえないことになります。その分を、ニュージーランドドルの金利から引くと、純粋に儲かる金利となるわけで、もしも、日本円の金利が例えば0.5%だったなら、3.00-0.5= 2.50 つまり年間の金利は2.5%だと言うことになりますね。
こんな風に、金利によって儲けを得ようとすることを、FXスワップ運用、と言ったりします。fxスワップ金利で稼ぐのは初心者でもあまり難しくないので、そんなに難易度は高くはありませんよ(*ゝ∀・*)!!

為替の基礎は、儲け方の基礎!

こんにちは。今日も基礎の基礎からお話していきますよ~!!
さて、ざっくりと為替の基礎について書いてきましたが、そろそろ為替の取引について知りたいですよね?でも、そうすればいいか、為替業者が教えてくれるわけがありません。為替のことを学びたいと言う人は、『どうすれば儲けられるのか』と言う点に、一番興味があるんじゃないかな~と思います。ここはやっぱり基礎から地道に勉強を積んでいきましょう(^^)
まず基礎的なことから。為替で利益を生み出すためには、1)為替差益で利益を出す方法 と、2)外貨の金利で利益を出す方法 の2種類の方法があります。

まず1)の為替差益について。
たとえば、1ドル95円で1万ドル購入した場合、為替手数料を無視したとすれば、そのドルを買うのに使った金額は、1万ドル×95円=95万円 となります。
そのうちに、1ドルが100円になったとしましょう。このときに購入したドルを売って円に戻した場合、1万ドル×100円=100万円 となるので、つまり、95万円で買ったものが100万円で売れる、5万円が儲かるということになるわけですね。これが為替差益です。しかし、もしも1ドルが90円になってしまったときに売ってしまうと、1万ドル×90円=90万円ということになり、あなたは5万円、損をしてしまうと言う仕組み。これが為替差損です。

これは、超基礎的な為替取引の仕組み。ですが、人気のあるFXは、ドルを売りから入ることもできるため、円高ドル安になっても強いと言われています。

為替の基礎!為替レートの見方、知ってる?

こんにちは。今日も為替の基礎の基礎からお話していきましょう。

どんなに為替の基礎を知らない人でも、ニュース等で為替レートは見たことがある人が大半ではないでしょうか。『現在為替レートは、1ドル94円27銭 ~ 94円31銭・・・。』とキャスターは言います。これは、『1ドル94円27銭 – 94円31銭の間で取引されています』という意味でカン違いされやすいのですが、そうではありません!! 為替初心者の人は『え?!』ってビックリしていませんか?  実はわたしも初めは知らなかったんです。

実は、『1ドルの売値が94円27銭で、買値が94円31銭』という意味。しかも銀行同士が取引しているレートであって、わたし達がこのレートで売買できるわけじゃありません。また、証券会社や銀行は、この為替相場をみてからTTM(仲値)という値段を決めます。例えば、あなたが円をドルに換えようとしたときなどにかかる手数料は、TTMに上乗せされることに。

もしも今、94円27銭 – 94円31銭の為替レートで、TTMは94円29銭だったとします。外貨預金などのケースだと、1ドルあたりの為替手数料は大体1円。ですからこのTTM、94円29銭に1円上乗せした95円29銭が、わたし達にとっての買値になります。逆に売値の場合は、TTMから1円ひいた、93円29銭となるわけです。この、1円上乗せた時の相場がTTS、1円マイナスした時の相場がTTBといいます。またこの売値と買値の差をスプレッドと言います。
基礎ですから、ここはしっかり覚えましょう!

基礎編 ・ 通貨の価値について

こんにちは。今日も基礎の基礎からお話していきますよ!
前回は、円高、円安のお話しをしました。簡単に説明するために、100円→90円と言う値動きで説明をしましたが、実際には1日で10円も動くことはまずありません。みなさんも聞いたことがあると思いますが、『92円45銭』というように、円の下の小数点2桁までの単位で言い表せ、通常であれば、動いたとしても1日1円くらいの値動きの幅に収まります。
また、為替は世界中で取引されており、常にそのレートは変動します。秒単位で変化しているのを、ニュースなどでも見たことのある人は多いでしょう。
では、どうして為替相場は変動するのでしょうか。それは、通貨の人気が変動するからです。変動する要因となるのは、政治や経済のニュースですよね。

その国の景気が上向きの傾向にあれば、その国の通貨の価値が上がりますので、「欲しい!」と思う人が増え、値段も高くなっていきますが、逆に景気が低迷してこれば、「この国の通貨は要らない!」と売り注文が殺到し、その国の通貨の価値は下がるというシステムです。これもごくごく基礎的なことですね。

つまり、『日本の景気はこれからよくなりそう!』と考えられるようなニュースが流れれば、円を買う人が増え、円高になりますし、逆に、『これから日本の景気はもっと低迷しそうだ』と考える人が多くなってしまうと、円の人気がなくなり、円安になっていきます。通貨の価値というのは、こういった政治・経済などの見方で大きく変化するものなのです。

基礎編 ・ 円高?円安?

こんにちは(*´ω`*) 今日も基礎の基礎から色々お話しして行こうと思います!今日は、円高、円安にまつわる話し。さすがに意味を知らない人はいませんよね。でも、基礎の基礎ですので・・・今日は当たり前のことから説明を。

円の価値が高くなるのは円高ですし、価値が安くなってしまうと円安です。たとえば、今1ドルが100円だとしますね。(この何ドル=何円というレートを為替レートといいますが) これが1ドル90円になったら?円高です。・・・この辺の基礎は、小学校でも学んだはずなんですけどね(^^)たとえば、ミネラルウォーターがちょうど1ドルで買えるとしましょう。最初の為替レートで考えれば、1ドルは100円。ミネラルウォーターは100円で買えます。
しかし、為替レートが1ドルが90円になったら、同じ商品が今度は90円で買えるということになるんです。つまりこれは、円の価値が上がった、と言うことですから、円高なんですね。逆の場合も同様。円の価値が下がれば円安になりますね。

この円の為替レートは、例えば輸出企業にとってはとても大きく影響すると言われているのも、みなさんご存知だと思います。
たとえば大企業のトヨタ自動車の場合で考えてみましょう。
為替レートが1円動いただけで、多額な利益の差が出てしまいます。その額は、350億円と言われています。
輸出企業にとっては今後円安に動くのか、円高に動くのかというのは、株価まで左右してしまう、大きなポイントになるものなのです。

経済